孤独死の遺品整理 注意点

孤独死の遺品整理 注意点について。どんどん高齢化が進む現代社会...当然のごとく高齢者の住居問題なども注目されています。親が高齢者になってから引越しする場合の注意ポイントやや、万が一のときの遺品整理の方法など3つのポイントについて
MENU

孤独死は決して珍しくない

 

近年の少子高齢化社会により、高齢者の独り暮らしが増加傾向にあります。

 

子供や孫は、住みにくい田舎を離れ、都会へ移り住んでしまい、老夫婦だけで暮らしていると言う世帯も、年々多くなっています。

 

また一昔前は、隣近所や親類・家族との関係性も深く、繋がりもあったものの、現代社会は、そう言った繋がりが希薄になってきているとも言われています。

 

そのような中で、誰にも看取られることなく亡くなることを、孤独死と言います。原因は、病死の他に、事故死や自殺など、様々なことが挙げられます。

 

また孤独死は、一人暮らしの老人だけではなく、若者にも増えています。家族から離れ、一人暮らしをしていた若者が、突然孤独死を迎えることもあります。

 

 

孤独死が発見されると

孤独死が発見されると、役所や家族・親類などに知らせがいき、葬儀が終わって落ち着いたところで、遺品整理が行われます。

 

その際に、遺族が高齢だったり、人手が足りない、遠方に住んでいるため遺品整理が出来ない、一軒家などで広すぎる、と言った様々な問題が起こることがあります。

 

そんな時には、遺品整理代行への依頼が便利です。孤独死の場合、亡くなってから発見までに、しばらく時間がかかることがあります。

 

しかし、人間の体は亡くなって2日程で腐敗し始め、すぐに部屋中に死臭が漂い始めます。その中での遺品整理は、難しいものがあります。

 

賃貸なので1日でも早く部屋を空け渡さなくてはならなかったり、近隣から腐敗臭の苦情がくる前に、とにかく短期間で、素早く遺品整理を行う必要があります。

 

もし遺族がいる場合、遺品整理の際には、故人の何を残すかと言うことに注意をしなければなりません。

 

とにかく時間が無い中で、遺族は、故人の何を残しておきたいのかと言うことを、すぐに決めなければならないのです。

 

そしてもしかしたら、故人が遺言書を残しているかもしれないと言う点にも注意が必要です。

 

うっかりと処分してしまうことが無いように、慎重に遺品整理をしていかなければなりません。

 

 

 

◆高齢引越しするときと遺品整理をするときの3つのポイント >>

 

 
このページの先頭へ