遺品整理士認定協会

遺品整理士認定協会とは何か?について。どんどん高齢化が進む現代社会...当然のごとく高齢者の住居問題なども注目されています。親が高齢者になってから引越しする場合の注意ポイントやや、万が一のときの遺品整理の方法など3つのポイントについて
MENU
 

近年では、遺品整理の需要が高まっています。

 

かつての日本は、子供や孫まで一緒に暮らしているという世帯が多いものであり、おじいちゃんやおばあちゃんが亡くなったという場合に故人の荷物の片づけは家族が行っていたものでした。

 

しかし、今日では少子化によって核家族化が進み、一人暮らしをしている高齢者世帯も多いものです。

 

子供がいないという一人暮らしの人であったり、子供たちは別に暮らしているという場合には、一緒に暮らしていなかったために残された家族はどのように片づけをしたらいいか難しいものです。

 

さらに、忙しい現代人では片付けをする時間もなかなかないものであり、その期間の家賃はかかり続けてしまうことになるので手早く済ませたいものですが、思い出の品が出てきたりと作業がなかなか進まないものです。

 

そこで活躍するのが遺品整理業者です。

 

しかし、悪徳とも言えるような業者も中にはあり、家族の物と故人の物を間違えたり手荒い作業で遺族の心情を察することができないようなスタッフもいるのです。

 

近年では、そういったトラブルがないように遺品整理士認定協会によって遺品整理士という資格が設けられており、国からも遺品整理士認定協会からのスタッフを利用するように促されています。

 

遺品整理士認定協会で遺品整理士の資格を得るためには、テキストやDVDでの講習を受けた後にレポートを提出し、合格した人だけに認定書が発行されます。

 

受講期間は二ヶ月ほどであり、どんな人でも受けることが可能です。

 

これからの更なる高齢化に向けて需要が高まっている資格でもあり、注目を浴びています。

 

もともと運送業やリサイクル業、便利屋さんやリフォーム会社などを運営しているという人でも、遺品整理士と組み合わせれば更なる業務拡大にもつながるものであり、遺品整理士認定協会では資格取得だけでなく開業のための支援や正しい運営方法の指導も行ってくれるので初めての人でも安心です。

 

 

◆高齢引越しするときと遺品整理をするときの3つのポイント >>

 

 
このページの先頭へ