遺品整理、残しておいたほうが良い遺品

遺品整理、残しておいたほうが良い遺品は?について。どんどん高齢化が進む現代社会...当然のごとく高齢者の住居問題なども注目されています。親が高齢者になってから引越しする場合の注意ポイントやや、万が一のときの遺品整理の方法など3つのポイントについて
MENU

遺品整理とは全てを捨てることではない

 

遺品整理と言えば全てを処分する様なイメージがあるかもしれません。

 

確かに色々と捨ててしまう方が部屋はすっきりとします。しかし、本当に全て捨てて良いかと言ったらそうではなく、できれば残しておいた方が良いと思える物もあります。

 

では、遺品整理をする時に残しておいたほうが良い遺品とはどういうものでしょうか。

 

 

遺品整理で残したほうが良いモノ

まず一つは、もう買う事が出来ない物です。

 

思い出の品物の中には、もう二度と購入できないという物も少なくありません。

 

勿論それらをすべて残しておくという必要はありませんが、二度と買えない様な物は処分してしまうのは一度考え直す方が良い場合もあります。

 

もう一つは写真です。

 

沢山のアルバムに貼られている写真は、思いでがいっぱい詰まっています。故人とはもう一緒に写真撮影をする事が出来ないし、何より過ぎ去った日は帰ってくる事は有りません。

 

二度と同じ時間を過ごす事が出来ないのだから、その思い出を簡単に処分してしまうのは凄く勿体ない事です。だから、そういう物も残しておく方が良いでしょう。

 

後は、故人がコレクションにしていた物です。

 

自分から見ると全く価値がない様な物に見えてしまう場合でも、マニアの人から見るととても魅力的だと感じる物は珍しくありません。

 

だから、要らない物だからと言って捨ててしまうのは凄く勿体ない事です。

 

まずはゴミとして処分してしまうのをやめて、少し残しておきましょう。しかしじぶんにとってはやはり不要なものだと感じる場合は、誰かほかの人に譲るという方法もあります。

 

遺品整理は捨てるという事だけではなく、故人の残したものを誰かに譲るという風に行っても何ら問題は有りません。

 

このように、遺品整理は全てを処分する必要はなく、中には残しておく方が良いという物もあります。

 

どれもこれも適当に全て捨ててしまうのではなく、本当に捨てても良いかどうかという事を考えながら処分してみる、冷静に判断しながら作業を勧めてみるというのも必要な事だといえます。

 

 

 

◆高齢引越しするときと遺品整理をするときの3つのポイント >>

 

 
このページの先頭へ