遺品整理 時期

遺品整理の時期は○○まで?について。どんどん高齢化が進む現代社会...当然のごとく高齢者の住居問題なども注目されています。親が高齢者になってから引越しする場合の注意ポイントやや、万が一のときの遺品整理の方法など3つのポイントについて
MENU

遺品整理は○○までにすべき?

 

遺品整理時期

 

遺品整理は○○までに行う必要がある...という風に決められているわけではありません。ただし基本的には

 

四十九日の法要の前夜まで

 

と言う風になっている地域もありますが、この時期までにするという風に決まっているわけではないので、まずは

 

自分の心が落ち着いてきたら遺品整理に取りかかる時期

 

と考えても良いでしょう。

 

ただ、いつまでも先延ばしにしていると結局は何も片付けないまま時間だけが過ぎて行き、何年経っても荷物が残されたままという事にもなってしまいかねません。

 

 

親の遺品整理を行うのに無難な時期とは?

遺品整理はなるべく早い段階で行う方が無難な場合もあります。したがって、

 

できれば遺品整理は葬儀後から四十九日まで、遅くとも半年以内に行う

 

方が無難です。ただ、葬儀後すぐの時に遺品整理作業をするというのはなかなか大変な場合もあるので、そういう場合はもう少し後から始めても何ら問題は有りません。

 

しかし注意したいのは

 

時期を遅らせてしまうと、税金が発生する可能性がある

 

という事です。また賃貸物件で故人が暮らしていた場合は、家賃をそのまま払い続ける必要が出てくるので、結果的には損失が出ると考える事もできます。

 

なるべくならば早い時期に行うというのが遺品整理としてはベストな形と言えます。

 

 

お葬式以降で親族が集まる時期

また、四十九日の法要の時には親族が集まるので、その時に行うという事もできます。

 

特に財産分与で問題が起きそうだという場合などは、沢山の人が集まっている時の方が良いという場合も珍しくありません。勿論四十九日位までに行えば、何か税金が発生してしまうという事もないでしょう。

 

しかし、宗派によっては親族が集まる時期と言うのは一定ではありません。勿論仏教の場合は四十九日となっていますが、キリスト教の場合は30日、神式の場合は50日となっているので、大体それくらいの時期を目安にして行うという方法もあります。

 

どの時期に行うべきだという事は有りませんが、余計なトラブルを起こさない為にもなるべく早い時期に行うというのが基本です。

 

また、多くの人が集まる時に行う方が、不要な争いも起こりにくくなるようです。

 

 

◆高齢引越しするときと遺品整理をするときの3つのポイント >>

 

 
このページの先頭へ